スポーニング

​春のブラックバス
2E8EC7F0-10F0-4556-8454-A40903FBD144.jpg

​まず始めに、この時期のバスと言えば皆さんご存知、スポーニング(産卵)です!

冬の間ディープ(深場)の水温が安定した場所にいたバスがシャロー(浅場)にさしてきてスポーニングの準備に入ります。

3月頃(水温約10℃くらい)から大型のバスからシャローに上がってきてスポーニングの為に餌を食いまくります。
なのでこの時期は​大型のバスが狙いやすいと言えるでしょう。

4月頃になると小型のバスもシャローにさしてきてスポーニングの準備をします。
数釣りが楽しめる時期ですね!
ハマれば春爆なんてことも!
ワカサギで有名な湖なんかはワカサギパターンがよくハマって春爆と言うのをよく聞きますね!

スポーニングはハードボトムのシャローで行われる為こういった場所を狙うのも一つの手だとは思いますが、スポーニングが行われる場所にはネスト(巣)があり、ここには卵を外敵から守る為にオスのバスが見張っています。

このオスはネストに近づくものを外敵とみなし攻撃してきますので簡単に釣れてしまうこともありますが、外敵から守る為に魚体はボロボロ、体力も落ちていたりとてもかわいそうなのでそっとしておいてあげましょう。

5月に入るとスポーニングも終わりに近づき釣れなくなってきます。
オスもメスもスポーニングでクタクタなのでしょう。


​​春バスの釣り方
F36F2851-78CE-4511-91CD-A221DADB7BC9.jpg

釣り方は人それぞれあるとは思いますが、僕の好きな釣りは何と言っても巻きの釣り!
冬の間多くのバスが釣られていないせいか春のバスはルアーに対する反応は良い気がします。

中でも個人的に好きなのはスピナーベイト。

とても実績もあるし何と言っても楽しい!

それにバスがどこにいるのかわからない時などはサーチベイトとして使うのも良いでしょう。

カバーに着いたバスなどはラバージグなどで釣るのもなかなか良いと思います。
(あくまで個人的な意見)


​湖や野池などでは潮の影響を受けない為、関係ないと思われがちですが、野生の力とはすごいもので大型がよく釣れているのも大潮。
大潮の日にスポーニングが行われることも多いようで潮の関係は河川だけではなく湖や野池にも大きく関わってきますので大潮の日に大型を狙ってみてはいかがでしょうか!


この記事へのコメント