梅雨時期の釣り方

3579A21C-CB7B-4CA2-8692-2656CEBADD26.jpg
先日九州では梅雨入りが発表され、関東ももうすぐ梅雨入りですね。
ジメジメしてとても不快な時期かと思いますが、僕はこの時期の釣り結構好きです!

なぜなら雨などでプレッシャーも半減、日中でもトップで出たりとにかくいろいろなルアーにバスが答えてくれる時期だと思います。

そこで、梅雨の釣り方、場所などをご紹介したいと思います。

まず梅雨時期と言えば低気圧の停滞ですね。

低気圧だと魚の浮き袋は膨らみ浮いてきます。
(これは覚えておきましょう)

なのでトップが有力ですね!

そしてこの時期になると虫も増えてくるので虫パターンがかなり有力になってきます。

とは言っても全てのフィールド、全ての魚にこれが当てはまるわけではありません。

基本的に魚のは浮き傾向ですが魚によっては水面を割らないなんてこともあります。

季節のつながりで考えると梅雨の前はスポーニング時期。

アフター回復バスもいればまだ回復仕切っていないバスもいます。

そう言う魚はインレットなどの下で流されてくるエビや虫などを待ち構えていることが多いです。
腹は減っているが楽して食べたいのと何よりインレットは水中酸素量が豊富な為。
アフターのバスは酸素量の多い綺麗な水の場所にいます。

ベンドのアウトサイドなんかも流れがある為酸素量は豊富です。

インレットに回復したバスが付いていればストンとルアーを落としても釣れると思いますが回復していないバスの場合はやはりノーシンカー!

とにかくスローな釣りで誘ってみてください。

1年の中で最も熱いこのシーズンの釣り。

楽しんでください!


この記事へのコメント